『硬さ』について Topics

unnamed (4)

 「老化とは乾燥への過程である」

 アリストテレスの言葉です。

 
 乾燥は、冷えや硬さと言い換えることもできると思います。

 
 身体の硬さには外の硬さと内の硬さがあります。身体の外と内は、神経や血管を通じてつながっているので、外の硬さは内の硬さに影響します。内とはつまり、細胞や組織、器官であり、細胞機能が低下すれば内科系疾患につながります。また、内から硬くなる人もいます。

 鍼灸の治療の場は、体表です。体表への物理刺激により、自律神経機能を調整し、内臓機能へのアプローチが可能です。

 もちろん、生活習慣病の予防には、鍼灸治療以上に生活習慣の改善が不可欠です。

和歌山市
訪問鍼灸・生活習慣病予防
浜田治療院