がん細胞は毎日5000個できている Topics

がん細胞

 私たちの身体を形成している60兆個の細胞は毎日分裂を繰り返しています。新しい細胞が生まれると同時に、ほぼ同数の古くなった細胞は死に、体外に排出されています。

 こうして24時間のうちに入れ替わる細胞の数は、なんと数千億個から1兆個。驚くべき数です。

 毎日毎日、それだけ多くの細胞分裂が行われているのですから、 遺伝子複製にまちがい(ミスコピー)が起きてしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

 ミスコピーで生まれた細胞、それががん細胞です。

 どんなに健康な人でも、どんなに若い人でも、このミスコピーは必ず起きていて、毎日5000個から6000個ものがん細胞が生まれています。60兆個という天文学的な細胞の数に比べれば、「百億分の一の割合」なので、さほど大きな割合ではないともいえますが、それでも5000個のがん細胞が毎日つくられていると思うと、ぞっとしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 これだけ多くのがん細胞が日々生成されているのに、ほとんどの人ががんを発症しないでいられるのは、免疫細胞が日々闘って、がん細胞が生まれるたびにそれを見つけ次第、退治してくれているからです。毎日5000個生まれても、毎日5000個退治してくれていれば、がんが大きくなることはないというわけです。

 もし、私たちの身体で免疫が機能せずにいたら、がん細胞は指数関数的に増加して、私たちの身体をあっという間にむしばんでいくでしょう。

 一般的に、検査などで見つけられるがんの大きさは約1立方センチメートルで重さは約1グラム。その大きさのがんだと、細胞の数はおよそ10億個です。がんがそこまで成長するには、だいたい10年ほどかかるといわれています。

(「免疫力をあなどるな!」矢崎雄一郎 2014/9/16 サンマーク出版より引用)

(関連記事)
「ワールブルグ効果」とは

「ワールブルグ効果」とは

がんと「早期発見」

ガンと「早期発見」