みずみずしい体とは Topics


 「みずみずしい」という言葉には、若さや新鮮さというイメージがある。「みずみずしい体」といえば、若くて健康でキレイな体を誰もが思い浮かべるだろう。それは正しい。確かに体内の水分量を調べると、加齢とともに明らかに減少する。

 乳児は全体重の70%が水分だ。それが用事65%→成人60%→老人55%というように減っていく。この数値の変遷をみれば、老化が水分の減少=乾燥であることは明らかだ。これほど乾燥しているはずなのに、「あれも水毒、これも水毒といわれるのはなぜ?」と思う人もいるのではないか。

 ここはちょっと難しいところだが、いま、あなたの体の中で何が起こってるかを知る大事なポイントだ。体をみずみずしく若さを保たせる水分とは、「細胞の中に含まれている水分」だ。これを「細胞内液」という。

 これに対して「水毒」の水分とは、本来必要ではないところにたまった水分のことだ。これを「細胞外液」といい、細胞と細胞の間や胃袋、腸管の中、鼻汁をためている副鼻腔の中、皮下の細胞と細胞の間・・・といったところにたまっている。

 「みずみずしい体になるため」と水をガブ飲みしていても、細胞の中には入らない。それどころか、細胞外液が増えてしまうため、水毒が起こる。そして、みずみずしくなるつもりが、残念ながら細胞は「干物」状態になり、一方で「下半身デブ」のようなことになって、老化が進んでしまう。

 逆に、年齢を重ねて体内の水分量の総量が減ったとしても、細胞に必要な水分が行き渡っていれば、その体はみずみずしい。つまり、「細胞内液の多い体」は若々しく、「細胞外液の多い体」は乾燥して老化が進んでいるというわけだ。

(「老化は体の乾燥が原因だった 全身が若返る食べ方・暮らし方」石原結實 2007.1.25 三笠書房より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************