アシュネル反射 Topics


 眼球を圧迫することで起こる除脈反応(眼心臓反射)を利用した自律神経機能検査の1つで、副交感神経(迷走神経)の緊張の指標となる。

 眼球圧迫刺激により三叉神経第1枝を介して延髄の副交感神経が刺激され、迷走神経を介して心臓に反応が起こる。

 これをアシュナー現象(アシュネル反射)という。

(「ストレス科学辞典」ストレス学会 監修 2011/5/27 実務教育出版より引用)

(関連記事)
「加齢・性別と副交感神経」

加齢・性別と副交感神経

「涙と自律神経」

涙と自律神経

「手当ての効能」

「手当て」の効能

「交互調息法(鼻呼吸)」

「交互調息法」(鼻呼吸)

「疲れは目もとに出やすい」

疲れは目もとに出やすい

「首のコリと体調不良」

首のこりと体調不良