インスリンと糖新生 Topics


 肝臓ではアミノ酸やグリセロールや乳酸などからグルコースを合成できます。これを「糖新生」といいます。

 インスリンはこの糖新生を抑制する作用があります。

 すなわちインスリンは、骨格筋と脂肪組織でのグルコースの取り込みを増やす一方、肝臓での糖新生を抑制することによって、血糖値を下げる作用を示すのです。

(「健康になりたければ糖質をやめなさい」福田一典 2014/6/24 彩図社より引用)