グルテン Topics

自己血糖測定キット

自己血糖測定キット


 生活習慣病予防の鍼灸治療院としての治療方針には、三本の柱があります。

①食事管理
②メンタルケア
③物理療法(鍼灸)

 ①の食事について最近感じたことが、この間、久し振りに粉もの(お好み焼き)を食べたとき、すごくお腹に残る重たい感覚を感じました。腸に長く食べ物が滞留するのは体の負担にもなり、私の場合は小麦粉はあまり体質に合わないようです。

 自身の体の変化を観察しながら、江部康二先生(京都)の糖質制限や渡辺信幸先生(沖縄)のMEC食の理論を参考に食生活の見直しを実践しています。

 人の体は複雑で個体差があり、ひとつの尺度で単純には測れませんが、各人が自分に合った健康管理方法を見つけてそれを実践し、体が本来の自然な状態に戻ってくると、共通して体に良いものや悪いものが自然とわかるようなってくると思います。

 「体の声を聴く」そして「体の声が聴ける」ことは、生活習慣病の予防にとても大切なことです。東洋医学でいえば、「未病」段階で乱れた調和を回復する意識と行動転換のチャンスです。