スターウォーズの哲学とミトコンドリア Topics

 人体には、自分の細胞数を超える数の細菌が生息している。これら体内微生物の多くは、免疫系など人体の仕組みと相互作用して、危害をもたらす可能性のある感染症からわれわれを守ってくれているのだ。このように、人体という小宇宙の中でも、自分を生かし、他者を生かす営みは展開されているというわけだ。

 そんな体内微生物の中で、われわれにとってもっとも大切なのがミディ=クロリアンだ。耳慣れない言葉か?では、そのミディ=クロリアンの知識に精通していたマスター・クワイ=ガン・ジンが、幼いアナキン・スカイウォーカーに説明したときのやりとりを紹介しよう。

 あるとき、アナキンがクワイ=ガンに尋ねた。

「マスター、ヨーダがミディ=クロリアンについて話してたのが聞こえたんだけど。ミディ=クロリアンって何?」

「ミディ=クロリアンとは、あらゆる生き物の細胞に存在する微小な生命体だ」

「ぼくの中にもいるの?」アナキンはいぶかしがった。

「もちろん、きみの細胞の中にもいる。われわれはミディ=クロリアンと共生関係にあるんだ」

「共生関係?」アナキンには聞いたことのない用語だ。

「お互いの利益のために共存する生命体だ。ミディ=クロリアンなしでは生命は存在できないし、われわれもフォースの知識を得ることができない。彼らは絶えずわれわれに語りかけ、フォースの意志を伝えてくれるんだ。きみも意識を鎮めることを学べば、彼らの声が聞こえるようになるよ」

 ここでクワイ=ガン・ジンが明らかにしているのは、ミディ=クロリアンはあらゆる生物が生きていくうえで不可欠のものであること、そして、われわれの内側からあふれ出るリビング・フォースと、生命の源であるコズミック・フォースをつなげる役割を果たしているということだ。

 われわれが自分の進むべき道へ進もう、という直感やひらめきが得られるのは、すべての細胞レベルでミディ=クロリアンが媒介となって、この世界に満たされているコズミック・フォースの意志を感じ取り、伝えてくれているからに他ならない。

 だからこそ、直感は大事にするべきなのだ。どうにもだるくて動きたくないとき、喜びで全身に鳥肌が立つとき、何だか嫌な予感がするときは、きみの体内のミディ=クロリアンがコズミック・フォースからのメッセージを伝えてくれているということだ。

 「今は休みなさい」、「このまま至福に従いなさい」、「用心しなさい」というサインを見逃してはならない。そして、感謝するのだ。他者との調和のもと、自分が生かされているということに。

(「ジェダイの哲学 フォースの導きで運命を全うせよ」ジャン=クー・ヤーガ著 学研プラスより引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************