ストレスと下痢の関係 Topics

AL001-onakagagu-20140830_TP_V (1)
 セロトニンはストレスに対抗したり、自律神経を調節したりするが、脳でつくられるのはわずか5%以下にすぎない。90%以上は腸でつくられている。脳内でつくられるセロトニンは原則として脳内で調整されており、ストレスに対抗したり、睡眠のリズムをとるメラトニンの材料になったりしている。

 一方、腸ではストレスを感じるとセロトニンが合成されるのだが、それによって蠕動運動がとても盛んになる。すると、食べた物があまり消化されず、下痢としてどんどん排出する働きが起こる。ちょっとした緊張ですぐに下痢をしてしまう過敏性腸症候群(IBS)の患者さんは、この働きによって症状が出ている。

 これはストレスに対抗するセロトニンの働きによるもので、これ以上ストレスを感じたり、毒素が入ってきたりしないように、できるだけ早く腸内のものを出してしまおうという防御反応なのである。セロトニンが出すぎて下痢になると、その痛みや不快感、不安感がストレスとなって脳にさらなる悪影響を与える。

 また、セロトニンの材料となるのは5-ヒドロキシトリプトファンという物質で、それが脳に直接入ると、さらにセロトニン過剰になる。過敏性腸症候群は主にセロトニン過剰によって起こることから、ラモセロトニン塩酸塩という薬によって、セロトニンの分泌を抑制する治療が行われる。

 過敏性腸症候群の原因はセロトニンだけではないが、この薬でピタッと下痢が治まる場合、下痢と脳へのストレスの悪循環があったと言えるだろう。このように、セロトニンは厄介ではあるのだが、本来は防御反応を担うため、非常に重要な物質である。

(「この食事で自律神経は整う」溝口 徹 2017.6.1発行 フォレスト出版より編集引用)