ミトコンドリアとは Topics

ミトコンドリア

 ミトコンドリアの主要な機能は、酸化的リン酸化によるエネルギーの産生である。

 酸素は元来、原生生物にとって毒となるものであった。ミトコンドリアの起源は、好気的バクテリアが真核細胞に共生を始めたことに始まると考えられており、ミトコンドリアの存在により酸素からエネルギーを獲得できるようになった。

 細胞の様々な活動に必要なエネルギーのほとんどは、直接あるいは間接的にミトコンドリアからアデノシン三リン酸(ATP)の形で供給される。

 さらに、ミトコンドリアは、ATPを合成して細胞の生を維持するだけでなく、アポトーシスに中心的な役割を果たしており、細胞の死をも制御している。

(「ストレス科学辞典」日本ストレス学会監修 実務教育出版より一部引用)

(関連記事)
「好気的代謝と嫌気的代謝」

「嫌気的代謝」と「好気的代謝」

「補酵素とミトコンドリア」

補酵素とミトコンドリア