低タンパク食と腎機能の低下 Topics

 日本人の食生活では、とかくタンパク質が不足する。それが、老視や半身不随や全身性エリテマトーデスにつながるが、つながらないか、などの議論はさておいて、ハワイの日系米人についての調査を紹介しよう。それをやったのは、ハワイ大学のヒルカー教授である。

 ハワイには、日系人が多い。彼らは白人と比べて血圧が高い。そこでヒルカーは、この原因が食生活にあると見て、動物実験を試みた。ラットを2組に分け、A組には和食を、B組には洋食を与えた。そしてその血圧を測ってみると、A組の平均は188、B組の平均は124と出た。

 これで和食が高血圧食であることが分かったのだが、ヒルカーはこれの原因を食塩と考えた。そこでA組に与える和食の塩分を極端に減らし、B組に与える洋食の塩分を極端に増やしてみた。すると、A組の血圧が134まで下がったのは期待通りとして、B組の血圧は変わらなかった。

 ヒルカーは、日経米人の高血圧が、和食に多い塩分だけが原因ではなく、タンパク質とビタミンB₂との不足にも原因がある、との結論に達した。タンパク質の不足は腎機能の低下をもたらし、濾過作用を鈍らせる。それをカバーするために血圧が上がる、というのが、この種の現象の論理である。

 ヒルカーの実験は、タンパク質の追加摂取が、高血圧対策たり得ることを教えてくれたことになる。とにかくここに紹介した資料から、タンパク質が健康管理上の重要な鍵の一つになっていることが分かるだろう。ここでの問題は、注意しているはずの日常の食事の中で、無意識のうちにタンパク質不足が起こって、さまざまな障害を起こしている点にある。

 知らず知らずのうちに、病気の種をまくような食習慣が実際にあるいうことだ。

(「高タンパク健康法 病気やストレスに負けないために」三石 巌 2018.8.1初版 阿部出版より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************