体が温まると心も温かくなる Topics


 体が温まるとほっこりした気になったことはないだろうか。これは気のせいなどではない。ホットコーヒーを使った有名な実験があるので紹介しよう。アメリカの行動経済学者であるローレンス・ウイリアムズとジョン・バーグによる実験である。

 彼らは、実験参加者を実験室に連れていくエレベーター内で、参加者にホット・コーヒー、もしくは冷たいコーヒーを持っていてほしいと依頼した。実験室に入ったあと、参加者に架空の人物の特徴が書かれたリストを読ませて、その人物の印象について評価してもらった。

 すると、ホット・コーヒーを持った人はその人物の印象を、「親切」「寛容」であると評価した。さらに実験の謝礼として「友人へのギフト」と「自分のための品」のどちらかを選択してもらうように依頼すると、手を温めた人の多くは、「友人へのギフト」を選んだのである。

 そのあとの実験でも、皮膚を温めた人は人への信頼感が増し、人との対人距離が短くなることもわかった。この実験では、温めた部位はたまたま「手」であったが、どの部位を温めたとしても、結果は同じということもわかった。

 また、温かい部屋で遊ばせた子どもたちと、冷たい部屋で遊ばせた子どもたちのうち、それぞれ1人にお菓子を与えて、どんなふうに食べるかを観察した実験もある。温かい部屋にいた子どもは、お菓子をみんなで分け合って食べたのだが、冷たい部屋にいた子どもは自分1人で食べてしまうという結果になった。

 体が温かいと心も温かくなるのは、脳にある島皮質と線条体と呼ばれる部分による。島皮質と線条体は、体の温かさを感じると興奮する。この部位は同時に、心理的な温かさにも興奮する部位でもあるので、温かい気持ちを持ちやすくなるのである。

 また脳の側頭葉の奥にある扁桃体は、ストレスに反応する部位である。つまり、不安や恐怖など、ネガティブな感情に反応するのだが、体が冷やされたときにも、同様に反応してしまうのだ。

 これらはおそらく、原始的な反応のひとつなのだろう。体は冷えるということは、すなわち生命の危険とつながっているために、ネガティブな感情と結びつきやすい。だから、体が冷えると人に対して信頼感が持てなくなったり、思いやりの心を持てなくなったりしてしまうのだ。

 このように、皮膚の温度の変化は無意識のうちに心に影響を与えているのである。

(「皮膚は心を持っていた 第二の脳といわれる皮膚がストレスを消す」山口 創 2017.8.15 青春出版社より編集引用)

(関連書籍・記事)

「周波数の同調と皮膚で感じる色の治癒効果」

周波数の同調と皮膚で感じる「色」の治癒効果