体温免疫力 Topics

『新 体温免疫力』 安保 徹 著

『新 体温免疫力』 安保 徹 著

新潟大学名誉教授 安保 徹先生の著書『体温免疫力』によれば「体温は免疫力の指標」となります。

低体温とは

安保理論によると、体温が一定の範囲に保たれている恒温動物である人間にとって、さまざまな生命活動に欠かすことのできない酸素がもっとも活発に働ける体内温度は37.2度(腋下36.5度)だそうです。

最近は、36度(以下、腋下体温)以下の低体温の人が増えているといわれています。

36.5度前後  最適な温度

36度以下   低体温

35度台    未病、大きなストレス。ガンの好きな温度

34度台    病気の可能性

※ガンは39度以上の熱で増殖を停止

※長寿へむかう一部のお年寄りは例外で、低体温の節約モード

(「健康体温36.5度の生活術」より引用)

病気は低体温から始まる

主に、健康な人と病気の人の違いは体温にあるようです。

36.5度の体温がたった1度下がると、免疫力が37%、基礎代謝は12%、体内酵素の働きは50%も低下します。

始まりは、湿疹やアレルギー、便秘や下痢、肩こり、腰痛などそれほど気にもとめない症状でも、低体温が続くとやがて低酸素の状態を招きます。

低酸素により、酸素を使う「ミトコンドリア系」のエネルギー生成が機能せず、糖質を中心とする食べ物を分解してエネルギーをつくる「解糖系」に頼らざるを得なくなり高血糖状態となります。

高血糖は、やがてガンなどさまざまな病気を引き起こします。

病気の時だけではなく、免疫力の指標として、平熱を意識してみてはいかがでしょうか。

(関連記事)
「エネルギー生成系と体温の関係」

エネルギー生成系と体温の関係