「さらば、かぜ薬」 Topics

『さらば、風邪薬』  臼田篤伸 著

『さらば、風邪薬』 臼田篤伸 著

「さらば、かぜ薬」臼田篤伸 著

プロローグ

第1章 風邪にいいことしてますか

第2章 風邪が減らない理由

第3章 闇に葬られた中学生の死

第4章 風邪にワクチンはいらない

第5章 これが風邪の正体だ

第6章 不顕性感染で風邪と付き合う

第7章 風邪は夜中につくられる

第8章 ぬれマスク法の誕生

エピローグ

本書は、歯科医より「身近な病気=風邪」との上手な付き合い方が解説された本です。

風邪の予防やひき始めの治療に効果的なのが鼻やのどの加湿です。逆に鼻やのどの粘膜が乾燥すると悪化します。

病気になると薬を飲んで寝るのが基本ですが、風邪の場合には寝てる間に粘膜が乾燥し、目覚めるとひどくなっているという経験をよくします。

「風邪は夜中につくられる」など、風邪への根本的な理解とその対処法に気づきを与えてくれています。

本書は、「睡眠時の予防」がかぜには不可欠なことを突き止め、また著者によって考案された吸気加湿法である「睡眠時ぬれマスク法」も紹介されています。

「風邪」への理解が深まる書物です。