気圧の変化と体調不良 Topics

曇り

気象病(天気痛)とは

 「雨が降るとけがや病気をした場所が痛む」「天気が崩れる前には頭痛がして、家事や仕事が手につかない」「季節の変わり目にはめまいがする」など、昔から、気象の変化によって持病が悪化することを、医療現場では「気象病」と呼んでいました。特に痛みやうつや不安など気分障害にまつわるものは、私が「天気痛」と名付けました。

環境と自律神経

 私たち人間を取り巻く環境は快適となり、その「快適さ」が逆に天気痛を引き起こす原因のひとつになっているのです。もともと人間は、ある程度の外部ストレスには耐えられるようになっています。そのバランサーとして機能するのが交感神経や副交感神経などの自律神経系です。自律神経系が正常に機能するためには、暑い場所では汗をかき、必要な場所では血圧が上がるような、ある程度の荒っぽい自然な環境が必要です。

 しかし季節を感じられないような空調が完備された環境で暮らしていたり、昼夜逆転するなど生活リズムが乱れているような人は、暑くても汗をかけない、寒くても体温が上がらないなどと、自律神経が整いにくくなってしまい、結果として気圧の影響のついていけない体になってしまうのです。

耳は気圧変化のセンサー

 外部からの気圧変化は、具体的に体のどこで受け止めて、自律神経を混乱させるのでしょうか。その答えは「耳」といってよいのではないかと思います。耳の奥になる「内耳」と呼ばれる部分に、体のバランスを取るための2つのリンパ液が存在しています。これを外リンパ液と内リンパ液と呼びます。

 2つのリンパ液のうち、内リンパ液は外部の影響を受けることの少ない閉鎖した空間に存在しますが、外リンパ液は、体の外側にある大気の力を受けやすい空間に存在しています。実際、外リンパ液につながっている頭蓋骨の部分を開けた手術の後に、気圧の変化に敏感になって天気がわかるようになった、というケースもあるくらいです。

気圧の変化と自律神経

内耳のリンパ液に関する受容チャンネルが外部から気圧を感じると、前庭神経が興奮し、内耳から脳への興奮の伝達によって交感神経が活発化する場合だと、それまで治っていたはずの古傷がズキズキと激しく痛んだり、心拍数が上がってしまう。

 逆に、低気圧が来ると強い眠気に襲われたり、体がだるくなってうごけなくなってしまう人の場合は、内耳から脳への興奮情報が副交感神経を活発にした作用なのではないか。これが、天気痛に関する現段階での私の考えです。

天気痛になりやすい体質とは

内耳から脳への情報伝達によって自律神経のバランスが乱れて天気痛を引き起こす方は、「耳が敏感な人」ともいえます。例えば、車や船などの乗り物が比較的苦手という人は、内耳の揺れに弱い体質といえるかもしれません。

車や船は物理的に揺れている状態ですが、天気痛の人は、見た目では判断できない気圧のささいな変化にも「酔って」いると考えるとわかりやすいかもしれません。内耳を含めて、体や心の感覚の繊細な方は、天気痛を訴えるケースが多いということです。

症状の季節変化

 春から梅雨、秋など、季節変化の多い時期に症状は表れがちです。天気の変化が激しいほど、めまいや痛みなどの症状が起きる可能性が高くなります。要注意なのは、天気が変わりやすい春や低気圧の続く梅雨、台風の多い秋などです。逆に天候が安定している冬は、症状が軽いのが特徴です。

「天気痛を治せば頭痛、めまい、ストレスがなくなる」佐藤純 扶桑社より編集引用

和歌山市 高齢者訪問鍼灸・リハビリ
浜田治療院(073)424-8465

≪和歌山市・岬町・阪南市の訪問鍼灸のお問い合わせはこちら≫

http://medicalsyft.com/inquiry/

メディカルシフト
URL:http://medicalsyft.com
@生活改善 自律神経ラボ(フェイスブック)
facebook:facebook.com/atskaizen