身体的・心理的ストレスと生理的システムの反応 Topics

 生物学的な立場からのストレス研究では、身体的・心理的な刺激に対する心理的システムの活性に焦点を当てている。生理的システムの活性が持続したり反復すると、一連の身体的・精神的疾患を発症する危険が高まるからである。

 交感神経―副腎髄質系(SAM)と、視床下部―下垂体―副腎皮質系(HPA)との2つの相互に関連したシステムは、ストレス反応の主な指標となる。

(「ストレス測定法」より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************