疲れは目もとに出やすい Topics

疲れ目
 疲労の要因と隣り合わせの時は、緊張状態にあり、常に交感神経が優位になっています。末梢の血管が収縮し、血流が悪くなっているのです。目もとの肌は最も薄い0.5mmのため、血流の悪さがすぐに表れます。

 まず、目もとにムクミが起こりやすくなります。血流が悪いと上手く循環されませんから、水分が溜まって目が腫れ、重たくなるのです。「前の晩に、お酒を飲みすぎてむくんだ」という人もいますが、お酒は血流をよくして水分を排泄しますから、ムクミは生じにくいのです。

 ですから、お酒のムクミは疲れが原因といえます。まぶたが重たいと同時に、体もずっしりと重たいはずです。また、疲れると、「眼がしばしばする」と瞬きを頻繁にしている人がいます。

 血流が悪いというのは、涙の成分が悪くなることで眼に違和感が表れ、瞬きが増えてきます。そうすれば、仕事の効率も落ちてしまいます。

(「男の年収は「見た目」で決まる 平松由貴 2015/4/24 自由国民社より引用)