老眼と生活習慣 Topics

めがね

 老眼の進行に大きく関わっているものに、「生活習慣」があります。じつは、私はこれが原因として一番大きいのではないかと考えています。

 たとえば、
 
・脂質や糖質中心で、野菜や果物をあまり食べないなど偏った食生活
・食事の時間が不規則
・運動をほとんどしない
・宵っ張りで、睡眠不足になりがち
・仕事等で、ストレスが多い  etc.

 こうした生活を続けている人は、糖尿病や高血圧、メタボ、動脈硬化などになりやすいといえますが、同時に老眼も進みやすいのです。

 そもそも、目は体の一部です。体が老いれば、目も老いていきます。しかも、目は、とりわけ体の「老化」が現れやすい場所です。実際、眼疾患を抱えた患者さんたちの眼底(網膜)を検査してみると、その血管の様子から、動脈硬化や糖尿病の進み具合、血圧の状態などを知ることができます。

 眼科を専門にしていた頃、これらを目の当たりにし、目は全身の健康や若さを示す鏡なのだと痛感しました。目がおとろえていけば、身体も衰えていく。逆に、目の若さを保てれば、体の若さを保てるといえます。

 そのためには、生活習慣を整えていくことが欠かせません。

(「9割の老眼は自分で治せる」日比野佐和子 2015/2/26 中経出版より一部引用)

(関連記事)
「糖尿病性網膜症」

「糖尿病性網膜症」