肺ガンとCT検診 Topics

たばこ
肺ガンのCT検査が今、にわかに注目されている。海外では、米国癌協会がヘビースモーカーに対する肺のCT検診を推進しようとする動きを見せている。日本でも同じように胸部のX線検査より有効である可能性が議論されている。

 しかし、米国胸部医師学会、米国胸部学会の2学会は合同で、「肺ガンのリスクの低い人に対して、健診目的でCT検査をしてはならない」と注意を促す。

米国癌学会が勧める背景でもあるが、「低用量CT検査」による肺ガンの健診は、リスクの高い人に対しては肺ガンによる死亡を防ぐ効果を示したという研究結果がある。「リスクの高い人」とは、55~74歳までの人々のうち、過去15年間にわたって少なくとも「30パック年」(1日1箱のペースで30年、1日2箱のペースで15年吸っていた人が該当)の喫煙歴がある人を言う。あくまでもヘビースモーカーが対象であって、そこそこの喫煙では必要ない。

CT検査が人間に害を及ぼす可能性があるということはよく知っておかねばならない。「放射線にさらされる有害性」「ガンがないにもかかわらずガンと診断される有害性」「痛みを伴わない良性腫瘍を拾う過剰診断の有害性」などが起こり得る。

肺に異常な影があると大騒ぎになって、気管支に内視鏡まで入れて調べた挙句に「問題ありませんでした」という面倒には巻き込まれたくない。「健診は高リスクの人だけにとどめるべきであり、低リスクの人まで対象とすべきではない」というのが両学会の考え方。肺ガンの主な原因が喫煙である以上、日本でもおおよそ似たように喫煙者で問題となるだろう。喫煙状態次第では、医療機関の側から「ちょっとCTは待った」と止めてほしいところだ。

さらに、「Choosing Wisely」では肺結核の精密検査について、頻繁に、しかも延々とすべきではないと勧める。

米国胸部医師学会と米国胸部学会の2学会は、合同で「肺のCT検査でガンか不明の結節が見つかった時に、正体を診断しようとガイドラインの水準より頻繁に調べる必要はない。しかも、より長い期間にわたって追いかける必要はない」と述べた。今、米国にあるガイドラインでは、「結節」を調べる時には、健診の頻度や実施する期間を病変の悪性度によって決めるよう提案している。
検診の頻度としては、3ヵ月ごとに繰り返す必要はないと説明する。さらに、2年間以上も続けて調べるような検査も無用と説く。従来の臨床研究の結果に基づいて、肺ガンの死亡率を引き下げる効果はないと明らかになっているためだ。頻繁に念入りな検査をしてしまうと、むしろ患者を放射線にさらしてしまううえに、かえって新しく「謎の結節」を見つけて無意味な検査を延々と続ける羽目に陥る危険がある。

過去にガンにかかった経験のない患者では、結節が2年間増大していなければ、悪性度は極めて低いと学会は考えている。ただ、CT検査の画像で「すりガラス」のように粉が散ったようにくもって見える場合は、より長く経過を見るように提案している。

(「絶対受けたくない無駄な医療」より引用)

和歌山市 高齢者訪問鍼灸・リハビリ
浜田治療院
(073)424-8465

メディカルシフト
URL:http://medicalsyft.com
自律神経測定ステーション
URL:http://medicalsyft.com/seikatsu/station
facebook:facebook.com/atskaizen