脳梗塞治療は時間との勝負 Topics

脳
 t-PAは4.5時間、血栓除去デバイスは8時間という目安を示したとおり、「昨日くらいから、なんとなく手足が動きにくかった」というようではすでに手遅れなのです。

 手足が動きにくい、しゃべりにくい、などの脳梗塞の兆候がみられたら、一刻もすぐに専門の病院に行きましょう。脳梗塞の治療はとにかく、時間との勝負なのです。

(「誰も教えてくれない脳と医療の話 脳外科医の現場から」名月 論 電子版より引用)

(関連書籍・記事)
「脳梗塞の発症時間」

脳梗塞の発症時間

「なぜ脳梗塞は2時間以内の治療が必要?」

なぜ脳梗塞は2時間以内の治療が必要?

「高齢者転倒のリスク(慢性硬膜下血腫)」

高齢者転倒のリスク(慢性硬膜下血腫)