自律神経を整えるよい油とは Topics

魚
 自律神経失調症で腸のトラブルがあると、いろいろな組織に軽い炎症が起きる。その炎症を抑えることによって、イライラなど精神的なストレスの軽減につなげることができる。そこで大事なのが油の摂り方になってくる。なぜなら、質の良い油は、腸の炎症を抑えてくれることがわかっているからだ。

 油は大別すると、室温では固形になりやすい「飽和脂肪酸」と、室温では液体である「不飽和脂肪酸」に分けられる。飽和脂肪酸を多く含むものは、バター、ラード、ココナッツオイルなどである。常温であるがマーガリンやショートニングは人工的に固形にしたものであり、トランス脂肪酸も多くなるためできるだけ避けたい油である。室温で液体である不飽和脂肪酸には、主に次の3種類がある。

オメガ9・・オリーブオイル、なたね油などのオイレン酸の多い油

オメガ6・・サラダ油、コーン油、紅花油などのリノール酸の多い油

オメガ3・・背の青い魚の油、エゴマ油、亜麻仁油などのDHA・EPAやαリノレン酸の多い油

 ここで注目したいのは、必須脂肪酸とされるオメガ6とオメガ3である。必須脂肪酸とは、体の中で合成することができないため、食材から摂取しないと様々な影響が出る脂肪酸のことだ。ただオメガ6のリノール酸は、サラダ油などに含まれ人の体にとって必要十分な量を毎日摂取していることが知られている。

 最近ではオメガ6の脂肪酸の過剰摂取が問題にされており、不足する心配はない。一方、オメガ3の脂肪酸は摂取量が少ないことが問題になっている。腸に限らず、体の炎症を抑えるために最も効果的な油は、オメガ3である。オメガ3の必須脂肪酸は、様々なメリットがある。

 炎症抑制作用はもちろん、血栓抑制作用、血管拡張作用、アレルギー抑制作用などである。つまり、腸の炎症を抑えたり、血流改善したり、コレステロール値の低下までしてくれる。サラダ油やコーン油などに多く含まれているオメガ6系(リノール酸)は、必須脂肪酸ではあるのだが、オメガ3系とは逆に、炎症促進作用がある。

 したがって、自律神経が乱れている人、整えたい人は、オメガ6の油の使用は極力避けたほうがいいだろう。ただし、大事なのは油のバランスである。摂取量がゼロでなくてはいけないものではないので、「サラダ油は絶対使わない」などと、敏感になりすぎる必要もない。意識的に青魚(サバ、サンマ、ブリなど)でオメガ3の油を摂るようにするといいだろう。

 では家庭でよく使うバターはどうだろう。バターは短鎖脂肪酸、飽和脂肪酸という物質が多く、炎症に対しても促進も抑制もしないが、ケトン体を増やす作用が強い。腸にもいいためお勧めしたい。肉の脂肪もバターと同じ飽和脂肪酸が多く含まれる脂だ。  

 以前、私のクリニックを訪れた患者さんの中に、双方とも室温では固まっているため、体内でも溶けずに固まり、血液がドロドロになるのではないか、と心配する方がいた。しかし、これは大きな誤解だ。肉やバターの油は吸収されるときに水に溶けやすいよう、タンパク質にくるまれて血液の中に入る。

 そのあと、ほぼ数時間で全身の組織に吸収されてエネルギー源となる。心配する必要は全くないので、病気がちな人や、体力が落ちている人はどんどん食べてもらいたい。生のまま使用する植物性の油としては、最近流行っているエゴマ油(αリノレン酸)や亜麻仁油も魚の油と成分が近いオメガ3系の脂肪酸でお勧めである。

 加熱する場合には、オメガ3系の脂肪酸は向かないためオメガ9系のオリーブオイル(オイレン酸)が一番てっとり早い。

(「この食事で自律神経は整う」溝口 徹 2017.6.1発行 フォレスト出版より編集引用)