花粉症 Topics

スギ花粉2無題

ようやく春らしい陽気になってきました。

春は花粉症の人にとって辛い季節の到来でもあります。

アレルギー疾患と花粉症

アレルギー疾患とは、体内に侵入してきた異物をリンパ球が抗原(病原体)と認識し体外に排除しようとする反応で、花粉症をはじめ、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などが代表的です。

花粉症の場合には、スギ花粉やハウスダストが体内に侵入してきた異物となります。健康であれば、花粉が体内に侵入しても反応しませんが、副交感神経が優位になりすぎるとリンパ球の過剰体質となり、多少の刺激にも反応し、くしゃみやかゆみといった症状として現れます。

現代医学では

これらの症状は不快であっても、痛みなどと同じく生体反応であり、本来であれば治療の対象になりません。現代医学ではこの症状を抗ヒスタミン剤やステロイドホルモンで抑え込もうとしますが、まずは自分自身がリンパ球体質であることを自覚することが先決です。

花粉症対策には

1.甘いものを控える
2.運動する
3.入浴で体を温める

花粉症などのアレルギー疾患は、副交感神経緊張のリンパ球優位の体内環境によって発症します。予防対策としては、ストレスを取り除き、副交感神経優位でリンパ球過剰に傾いた自律神経のバランスを整えることです。

まずは日々の生活習慣から見直してみませんか。

(「病気にならない身体をつくる免疫力」安保徹 より引用)