NK細胞とがん免疫 Topics

ウイルス 免疫

がんは「内なる敵」

 多くの病気は細菌やウイルスなどの感染が原因です。つまりもともと身体にない構造を持つ外敵なので、敵の特徴を生かして作戦をたてることができます。しかし、がんの場合は、防御の対象となるのは遺伝子のほんのわずかなトラブルから生じた「内なる敵」なのです。つまり正常細胞との差がわずかであり、作戦がたてにくいのです。

 ゆえに、抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法で、副作用が生じてしまうのです。がん細胞と正常細胞の差はほとんどないため、がん細胞だけに毒性を示すという理想の薬や放射線の波長を見つけることはほとんど不可能なのです。

 しかし私たちの身体には一日に数千個生まれるがん細胞を、正常細胞に障害を与えることなく毎日殺しています。がんに対する免疫には幾つもの方法があることがわかっていますが、中でも主役を演じるのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)という強者です。

免疫とNK細胞

 NK細胞がどのようなものなのかを理解していただくために、免疫について簡単に説明したいと思います。免疫の担い手は白血球です。最近に感染したりすると、白血球数が増えて外敵対して攻撃力を増します。

 この時には白血球のなかの好中球という仲間が増えて細菌と戦います。がんに対しては白血球の中のリンパ球という仲間が免疫を担当します。NK細胞はこのリンパ球の中に含まれるある種の細胞なのです。リンパ球にはNK細胞の他にB細胞とT細胞があります。

 リンパ球は、ウイルスなどに対して攻撃の準備をしているので、基本的には外敵が侵入する可能性が高い小腸や皮膚などに多く存在しています。B細胞は免疫に必要な抗体を産生します。

 インフルエンザワクチンの予防接種には、その年の冬に流行することが予想される3種類のウイルスのうち、感染性のない抗原部分が含まれています。流行する2週間以上前にワクチンを注射することによって、B細胞が抗体を作り、来るべき流行に備えるのです。

 T細胞の主な働きには、B細胞の機能を助けたり、抑制したりすることです。この働きは、免疫全体を調整するため大変重要になります。B細胞やT細胞の多くが皮膚や小腸に存在し外敵の侵入に備えていますが、同じリンパ球の仲間であるNK細胞は全身の血液中に広く分布し、異常な細胞やウイルスなどを見つけると即座に攻撃を仕掛けます。

 しかも高感度のセンサーを備えているので、どのような種類のがんでも見分けることができるのです。がん細胞は毎日数千個発生していますが、全身のどこで発生するかは誰にもわかりません。全身にくまなく分布し高感度センサーを備えたNK細胞がいてくれるからこそ、私たちはがんを発症しなくて済んでいるのです。

 さらにNK細胞の優れているところは、がんをアポトーシスに導くことです。アポトーシスとは、細胞の自然な死のことです。つまりがん細胞はNK細胞によって攻撃され死へ導かれるのですが、その時がん細胞は大きなダメージを受けたと認識せずに死を迎えます。

 そのためNK細胞に攻撃されたがん細胞は、次のNK細胞の攻撃に備えるための抵抗力(耐性)を作ることがありません。これに対し抗がん剤によるがん細胞の死はネクローシスと呼ばれるもので、抗がん剤治療で生き残ったがん細胞は、同じ抗がん剤に対して抵抗力を持つ細胞に変化してしまいます。

 これが「抗がん剤への耐性が作られる」ということなのです。同じことが細菌と抗生物質との関係でも繰り広げられています。今やいかなる抗生物質も効かない多剤耐性菌が多く出現しており、医療の分野では大きな問題になっています。

NK細胞とがん治療

 がんに対する免疫の主役であるNK細胞は、非常に気まぐれな性格で扱うのが難しい細胞です。理論的にはがんに対して強い攻撃力があり正常細胞には毒性がなく、治療に応用することができれば理想的なのですが、なかなか上手くいきません。

 NK細胞を取り出すのも困難ですし、取り出したNK細胞を治療で活用するために増やそうとすると、もとの性格が変化してしまい期待した効果が得られなくなるのです。最近になり増殖したNK細胞を用いたがん治療が行われていますが、条件が整わなけれな期待した成果を上げることができないのが実情です。

 好中球やリンパ球、マクロファージといった免疫を担当する白血球は、元をただせば造血幹細胞から分かれて生まれてきます。造血幹細胞は骨髄で活発に細胞分裂を繰り返す細胞ですが、抗がん剤を用いると造血幹細胞は強くダメージを受けます。

 好中球が減れば細菌感染で容易に肺炎になってしまい命にかかわりますし、リンパ球が減ればウイルスの攻撃を防ぐことができません。NK細胞もその例外でなく、造血幹細胞のダメージはNK細胞の生成も減らしてしまうのです。

 がんを治療するために使う抗がん剤が、がん免疫の主役であるNK細胞を減らしてしまうのはなんとも皮肉なことです。さらに抗がん剤治療が終わったのちに造血幹細胞から分かれ生成されたNK細胞は、体外で増殖させても思ったようにがん細胞を攻撃してくれません。

 後々まで影響がある抗がん剤は慎重に使うことが大切なようです。抗がん剤によって数が減り効果が減弱してしまうNK細胞ですが、自然な状態では様々な条件によって活性化されることも知られています。

 通常では、免疫担当細胞の一種であるマクロファージの刺激によって生じるインターフェロンγなどによって、nK細胞は活性化され、がんやウイルスなどへの攻撃性が向上します。

NK細胞を活性化するには

 以下にこれまで知られている、私たちが自分でできるNK細胞を活性化させる条件を上げます。

①十分な睡眠

②リラックス

③適度な運動

④笑い

⑤ビタミンCなどの栄養素の摂取

  ①~③は日常生活においてすぐにでも応用可能な生活習慣です。これらの条件はいずれも自律神経における副交感神経が優位になる状態です。私たちの身体の副交感神経が優位になっているときには、筋肉の緊張がほぐれ、手足が温かく感じます。

 そして唾液が十分に分泌され、お腹の腸が適度に動くので心地よい空腹感を伴います。どうやったら身体がリラックスできるのかわからない場合には、これらの感覚を頭で想像し再現しようとするだけでも、徐々に副交感神経が働いてきます。

(「がんになったら肉を食べなさい」溝口 徹 2011/7/16 より引用)

(関連書籍・記事)
「がん治療の前提は免疫力の維持」

がん治療の前提は免疫力の維持