「未病」とは Topics

最近はテレビのCMで流れたり、「未病」という言葉もよく聞かれるようになりました。

語源

未病の語源は二千年前の中国・東洋医学の病理概念です。

Mi_Fu_Wu_Jiang_Zhou_Zhong_Shi

中国最古の医学書「黄帝内経」に「上工(名医)は未病を治す」とあります。

病気を治せないのは劣った医師、病気を治すのは普通の医師、未病を治すのが最上級の医師とされています。

「未病」とは、半病人状態・半健康状態といった病気の一歩手前の状態のことで、そのまま放置すると本格的な病気への進行が予測される状態です。

現代の解釈

日本では、1998年の厚生白書において「未病」という言葉が公に公表されました。

現代の解釈では、未病は健康と病気の間に存在していて、予防治療が可能な病態のことです。

健康診断や検査では異常がなく具体的な病名もつきませんが、「何となく調子が悪い」ことも多く、食事や運動、生活習慣をよい方向に変えていくことで、病気に向かっている道筋を変更できる状態と位置づけられています。

未病を治すには?

「未病を治す」には、「自分自身が主治医」となり、主体的に生活習慣の改善などに取り組むことが大切です。

医療はその手助けをする存在としての意識転換が必要です。

和歌山市 高齢者訪問鍼灸・リハビリ
浜田治療院
(073)424-8465

メディカルシフト
URL:http://medicalsyft.com
自律神経測定ステーション
URL:http://medicalsyft.com/seikatsu/station
facebook:facebook.com/atskaizen