レポートサンプル Report Samples

自律神経バランス測定
末梢血液循環分析

自律神経のバランスを5つの視点で判断

脈拍(心拍)の変化をとらえ、その変動幅で疲労の度合いや自律神経のバランスを知ることが出来ます。目に見えないストレスを、数値化することで生活習慣の改善点がわかります。

脈拍変動

脈拍変動

脈拍(心拍)の変化を表しています。変動幅が大きく(グラフ上下の幅)、複雑で多様なほど健康であることを意味します。心拍リズムの変動が極度に少ない場合は慢性的な疲労状態であることを意味します。

自律神経バランス

自律神経バランス

が中央の青いゾーンに近いほどバランスがとれている理想的な状態で、ストレスが慢性化するほど左下方向へ下がっていきます。上記のレポートでは、交感神経の活動は正常ですが、副交感神経は低い状態を示しています。

脈拍分布

脈拍分布

グラフは検出されたそれぞれの脈拍に対する数を表しています。三角形の山の形で、すそが広く高さが低いのが理想です。つまり脈拍変動が多様なほど棒の数が増え、環境変化への適応能力が高いことを意味します。

ストレス対抗力・自律神経活動度

ストレス対抗力・自律神経活動度

各グラフの高さがの範囲に入るほど良い状態です。特にエネルギーは高いほどストレスに対する抵抗力が強いことを意味します。自律神経活動は平均範囲内で数値が高いほど活発に働いていることを意味します。

総合評価

総合評価

肉体的疲労度と、自律神経バランスを総合的に評価し、グラフに表します。自律神経バランス及び自律神経活動から考えられるあなたの現在の健康状態を解りやすい解説と、シンプルなグラフと数値で「見える化」致します。

実際のレポートサンプルを見る

脈拍から血管年齢を分析

指先の脈拍を測定し、その波形パターンを分析することで末梢血管の老化度や10年後の血管推定年齢がわかります。

血液循環をグラフで見える化

波形

指先の末梢血管の容積変化を波形化し、血管のイメージ図の表示や波形を年代別のパターンに分類します。

拍出強度

拍出強度

青い棒が長いほど、心臓が血液を送り出す力が強く、すみずみまで血液が行き届いていることを意味します。

残血量

残血量

細静脈からの反射はであり、青い棒が長いほど血管が健康であることを意味します。

動脈血管弾性度

動脈血管弾性度

青い棒が長いほど、動脈血管が柔らかく良好な状態であることを意味します。

脈波強度

残血量

青い棒が長いほど、脈波強度が強く良好であることを意味します。

総合評価

波形

末梢血管の容積の変化を波形で分析し、血管老化度を「血管推定年齢」と「末梢血管健康度」として点数化し総合判定します。

実際のレポートサンプルを見る