かゆみと抗ヒスタミン薬 Topics

薬
 「かゆみ」という感覚は、たとえていうなら「皮膚の違和感を排除しろ、そうすれば気持ちがいいぞ」という本能の指令ということである。現在の大脳生理学では、かゆみは大脳皮質の主として頭頂葉の一部で感じることがわかっている。

 しかし「虫刺されやじんましんといった明確な発疹がないのに、なんとなくかゆい」という経験は、誰しもあることだろう。かゆみには必ずしも、皮膚の異常がともなうわけではないのだ。

 こうした点から、かゆみを「末梢性のかゆみ」と「中枢性のかゆみ」の大きく2つに分類することができる。違いを見てみよう。

①末梢性のかゆみ
 湿疹やじんましんなど、皮膚に何らかの発疹があってかゆくなるもの。基本的に、目で見てわかるような皮膚の外見的な異常が存在し、抗ヒスタミン剤が効く。

②中枢性のかゆみ
 皮膚には明らかな発疹がないのにかゆくなるもの。透析や黄疸、糖尿病の患者さんは「ただなんとなく、どことなくかゆい」と訴えるが、掻いたことによって赤くなる以外には、皮膚には何の異常もない。そして抗ヒスタミン剤は効かない。

 また、①と②の両方のかゆみを同時に生じることもある。アトピーのかゆみなどは、末梢性と中枢性の両方のかゆみがある場合が多く、一般的に、苦しんでいる期間が長いほど中枢性のかゆみが増えていく傾向にある。

 「抗ヒスタミン剤」とは、文字通りヒスタミンをブロックする薬だ。皮膚の細胞の未来の世界を覗いてみると、ヒスタミンレセプター(受容体)と呼ばれるごく小さな器官がある。これにヒスタミンが結合すると、かゆみをつかさどる神経を介してパルス(信号)が送られ、それを脳が受け取ることで、「かゆみ」を感じるというしくみになっている。

 レセプターにはさまざまな種類があるが、基本的に1対1の対応で他の化学物質が結合しても反応しない。これはよく、鍵と鍵穴にたとえられる。ある化学伝達物質が鍵ならば、そのレセプターが鍵穴だ。すなわち、このレセプターをブロックしてしまえば、かゆみは伝わってこないわけだ。抗ヒスタミン剤は、まさにそういう働きをする薬である。

 一方、中枢性のかゆみを感じているときというのは、末梢から神経を伝わってくるパルスがないにもかかわらず、脳がかゆみを感じている状態だ。だから当然、末梢のレセプターをブロックしても意味はない。一般的には、抗ヒスタミン剤が効くのが末梢で、効かないのが中枢性だと考えていただければいいだろう。

 つまり、じんましんに抗ヒスタミン剤が効いたからといって、黄疸のかゆみに同じ薬が効くわけではないということだ また、透析患者のかゆみに対して、抗ヒスタミン剤を塗っても飲んでもほとんど効かない。 ひどいアトピーのかゆみにステロイド剤と抗ヒスタミン剤を処方して、ほかに何も対策をとらないというのも治るはずはない。

 つまり、患者さん1人ひとりのかゆみの原因を突き止め、それを除去する手段を講じなければかゆみは治らない。「かゆみ全般に効く魔法の薬」は存在しないのである。

(「なぜ皮膚はかゆくなるのか」菊池 新 2014/10/16 PHP新書より一部引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************