ふくらはぎは「第二の心臓」 Topics

歩く 海

 血液の流れには、心臓から動脈へ送り出されるルートと体の末端から静脈を通って心臓へ戻ってくるルートがあります。

 心臓のポンプの働きで押し出された血液は動脈をへて、酸素や栄養を組織に届け、手足の末端まで流れると、今度は静脈を経由して、老廃物や体に不要となったものを回収し、心臓へ戻ります。

 足から心臓へ血液を戻すのを助けるのが「歩行運動」です。歩くときには、足の筋肉が収縮と弛緩を繰り返します。

 筋肉が収縮すると、筋肉の間に入り込んでいる血管がぎゅっと締めつけられ、血液は心臓に向かって押し出されます。反対に筋肉が弛緩すると、血管の圧迫がゆるみ、末梢から血液を引き上げます。

 体の末端まで運ばれた血液が、心臓へ戻ってくるのは容易ではありません。特に足は心臓から最も遠く、心臓から低い位置にあるので、より強い力で血流を押し戻さなくてはならないのです。

 現代人は歩く機会や体を動かす機会が少ないうえに、ストレスで血流が悪くなっているため、足の下部にあるふくらはぎは、血流が滞りがちです。「ふくらはぎマッサージ」は、ふくらはぎをもんで筋肉を刺激し、血液が心臓に戻るのを助けます。

 末梢からの血液の戻りがよくなることで、全身の血液循環を促すことができるのです。

(「自分の免疫力で治す本」安保徹 岡本裕 2011/5/14 マキノ出版より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************