カロリーダイエットとリバウンド Topics

食事 ご飯

カロリーオーバーでも栄養不足

近年、ダイエットの観点から、ある計量器メーカーの社員食堂のレシピ本が話題になり、500万部を突破する超ベストセラーになりました。そのレシピにおける摂取カロリーの基準は、「一食あたり500キロカロリー」というものです。

それだけで十分に満腹感を味わえるレシピというのがポイントでしたが、その種の本が飛ぶように売れるということは、逆に、人びとのあいだに「自分たちの食事はカロリーオーバーかもしれない」という懸念があるからにほかならないでしょう。

しかし、自分が「カロリーはオーバーでも栄養が不足している」と思っている人はほとんどいないのではないでしょうか。多く人はカロリーと栄養素をごっちゃにしてとらえてしまっているようです。

カロリーとはなにか

カロリーとは栄養素とはまったく関係なく、熱量の単位です。理科の授業などで習ったと思いますが、一カロリーとは、一気圧ののもとで一グラムの水を摂氏一度上げるのに必要なエネルギー量のことです。生きものには「基礎代謝」というものがあります。

生命を維持するために必要なエネルギー量のことで、人間の成人男子の場合、一日に消費する基礎代謝の平均は、ほぼ150キロカロリーといわれています。

これは安静にしている状態のエネルギー量で、なにもしないでだらだらじっとしているだけでも、体内で各臓器が働くためには、最低限、この程度のエネルギーが必要ということです。仕事や家事、運動など、さまざまな活動をすることによって、必要なエネルギー量はもっと増えていきます。

カロリーダイエットとリバウンド

基礎代謝エネルギーの半分くらいは、筋肉と肝臓で消費されます。これが不足すると、筋肉や肝臓、脳に大きな影響が出てきます。肝臓や脳の機能が落ちれば生命の維持が困難になるため、エネルギーがいくら不足しても、ここへの供給を減らすわけにはいきません。

そちらを優先させた結果、エネルギー不足の影響を真っ先に受けるのが、筋肉です。なぜなら、カロリー制限のダイエットなどをして日常生活に必要なエネルギーが供給されなくなると、不足分を補充するため、エネルギー源ととして筋肉を燃やしはじめるからです。

一時期、リンゴダイエットやキャベツダイエットなど、単品の食材で摂取カロリーを抑えるダイエットがはやりました。これらを自己流でおこなうと、摂取カロリーは抑えられて一時的に体重は減る反面、身体に必要な栄養が不足した状態になってしまいます。

さらに、エネルギー不足になって、筋肉がエネルギー源として使われるとどうなるか。

 筋肉が多いほうが身体はエネルギーを使うため、基礎代謝は高くなるのですが、筋肉量が減ると、結果的に基礎代謝そのものが落ちてしまうのです。基礎代謝が落ちれば、ダイエットをやめたあとにリバウンドしやすくなってしまい、かえって太る結果になります。

(「9割のひとが栄養不足で早死にする」より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************