「ストレス」と「ストレスホルモン」の関係 Topics

外人 ストレス
 普段の生活の中で、精神が安定していればそれほど喜怒哀楽の感情が激しく動くことはありませんが、人間関係でこじれたり悲しいことがあると、感情のリズムが揺さぶられます。

 いくら感情をうまくコントロールしようとしても、そういったストレスを抱えて生きるのが私たちの日常生活といえるのでしょう。交感神経の緊張によって、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンなどのストレスホルモンが分泌されます。

 コルチゾールは、もともとはブドウ糖を新につくりだすきっかけになるホルモンですが、量が多いと血圧を高め、動脈硬化を促進させるなどのマイナス要素を招きます。さらには、コルチゾールはリンパ球のひとつであるNK細胞の働きを無効にしてしまいます。

 生物は生命が脅かされるなどの危機に遭ったときに、危険や不安を乗り越えようとするのですが、それがストレス反応ということができます。つまり、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが分泌されるのは、危機に対処するためなのです。

 普通は、一時的に激しい怒りがわいて頭にカッと血が上るようなことがあっても、アドレナリンやノルアドレナリンの分泌は短時間で、長くても30分程度なのです。ストレスの最初の反応はアドレナリンやノルアドレナリンの分泌、ついでコルチゾールの分泌という流れになります。

 体としてはコルチゾールを分泌してストレスを和らげようとするわけですが、それが出続けて過剰になることによって血圧を上げ動脈硬化の原因ともなり、免疫力を落とします。ですから、強いストレスを長く抱えることになると、病気を引き起こしやすくなるのです。

「免疫力が上がる生活下がる生活」安保 徹 PHP研究所より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************