ホルモン分泌を乱す低血糖 Topics

ホルモン分泌を乱す低血糖

ホルモン分泌を乱す低血糖

なぜ血糖値を上げる食べものがよくないのでしょうか。そのあたりの事情がわかりやすく示されたのが(図)です。

75グラムのブドウ糖が入った医療用のジュースがあります。濃縮されているので、一般に市販されている甘味系の飲み物にすると、1リットルのペットボトル1本分くらいに相当する、結構な量です。

これをおなかが空いている時に飲むと、体内ではどのような反応が起こるかという実験です。縦軸が血糖値やインスリンなどの血中濃度、横軸が時間です。順を追って解説しましょう。

このジュースを飲むと、まず血糖値の線が一気に上昇します。すると、これは大変だというので、強力に血糖を下げる働きを持ったインスリンが大量に供給されます。

ただ、インスリンというのは、分泌のタイミングがずれることがあるのです。グラフでは、血糖値の上昇に少し遅れてから分泌されはじめました。

その後、血糖の上昇がおさまってきても、まだインスリンは下がりながらも出続けています。今度はその影響を受けて、血糖が急に下がり、低血糖の状態になりつつあります。

このジェットコースターのような急激な下降が起こるのは、たいてい午後です。午前中は起こりにくい。これをみなさんの日常にあてはめてみてください。

昼食にご飯や麺類を食べて、3、4時間後に急に耐えられないほどの眠気におそわれて仕事ができなくなったり、イライラしだしたりすることに、思い当たりありませんか。そう、それは体内でこの現象が起こっているのだと考えられるのです。

そして、急に血糖が下がると、ACTH(副腎皮質ホルモン)、成長ホルモン(GH)、あるいはアドレナリンとか、コルチゾルなどのホルモンが一気に出ていますが、これは血糖値が下がらないように抵抗して、脳を保護している状態を示しています。脳の主なエネルギー源はブドウ糖なので、血糖値が下がりすぎると危険だからです。

食事のたびにこれが繰り返されると、体は疲れきってしまいます。

(「9割の人が栄養失調で早死にする!」より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************