乳酸と疲労 Topics


 筋肉で燃焼するのはグリコーゲンと脂肪である。その中、筋肉でグリコーゲンが燃焼する際には、グリコーゲン分解の過程でピルビン酸から乳酸となりTCAサイクルに入る。

 そこで分解に必要な酸素が少ない場合には、乳酸の一部は未分解のまま筋肉や血液の中に取り残される。

 すなわち、酸素の不十分を乳酸に置き換えたもので、その乳糖耐性には自ら上限がある。(あたかも乳酸が運動を阻害するようにも見えるが、乳酸は疲労物質ではない。なぜなら酸素を十分に供給するとエネルギーに変換する燃料になるからである)。

 従って、乳酸の急激な増加は酸素供給が消費に追いつかなくなった時点を示すものである。

(「こころとからだを知る心拍数」より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************