糖尿病とがんの関係 Topics


 がんの患者さんが、何を食べて何を食べるべきでないのか。また、がんを患ったときの食事については、毎年新しい書籍が発売され、多くの情報があふれています。このがんの分野でも、オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)の考え方を応用することで、そのときのベストの答えを得ることができると私は強く思っています。

 がん細胞が活動するときには、ブドウ糖をエネルギー源にします。そのため、血糖値が上昇している糖尿病の方は、がんの罹患率が高いことが以前から知られていました。また、がんを患っている糖尿病の患者さんの血糖値のコントロールが改善することによって、がんの予後が改善することも報告されています。

 さらに、糖尿病でがんに罹患した場合には、短期・長期生存に関する予後が悪いのです。つまり、がんのエネルギー源であるブドウ糖が多い糖尿病では、がんになりやすく、がんになったときに血糖値を下げると予後が改善し、血糖値が高いままだと生存期間が短くなるということになります。

 これらの事実の原因としては、➀血糖値が高いため、がん細胞のエネルギーであるブドウ糖が豊富にがん細胞に供給されること、➁2型糖尿病ではインスリン抵抗性が形成されているため、インスリンが過剰分泌されていること、の2つが考えられます。

 2型糖尿病では、血糖値を下げようと大量のインスリンが分泌されています。実はインスリンは、血糖値を下げるだけでなく、がん細胞の増殖を促進させることが知られており、2型糖尿病における「高血糖+高インスリン」状態は、がんにとって最も居心地の良い環境といえるのです。

 私のクリニックでは、糖尿病と診断されていない多くの患者さんへ、5時間糖負荷検査を行ってきました(なぜならこの検査は、自律神経のメカニズムを診る究極の検査といえるからです)。すでに3000人ほどの患者さんに行っています。

 その結果、一般的な診断基準では糖尿病と診断されないような多くの患者さんで、じっさいには食後140mg/dlを超える高血糖となっており、それとともに大量のインスリンが分泌されていることを確認しています。
 
 つまり、糖尿病を指摘されていない方でも、「高血糖+高インスリン」の状態は頻繁に起こっているのです。ですから、がん患者さんの場合にも積極的に糖質制限を行い、高血糖と高インスリン状態を作らないことは、極めて重要な食事の概念になります。

(「最強の栄養療法 オーソモレキュラー療法 溝口 徹 2018.3.20初版 光文社より引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************