血液循環の主役は毛細血管 Topics

全身の血管の99%は毛細血管

 「人は血管とともに老いる」という有名な言葉がありますが、原文は19世紀の著名な内科医ウイリアム・オスラー博士の言葉で動脈のことです。しかし、現代の先端医療が注目しているのは毛細血管です。動脈、静脈、毛細血管というすべての血管の中で毛細血管が占める割合は「99%」。つまり、全身の血管のほとんどは毛細血管ということです。

 体を構成する要素にはすべて意味があります。毛細血管が全身に隈なく張りめぐらされているということは、生命活動にかかわる大きな役目を与えられているからです。生命活動といえば、真っ先に思い浮かべるのは食べることでしょう。

 ですがそのイメージは、食べたものが胃や腸で消化・吸収されて、残りかすが排泄されるといった漠然としたもので、それ以上想像することはあまりないと思います。けれども、食べたものが、その後どのように体をめぐり、どのように組織に届けられ、体にどう影響し、血となり肉となるのか、それこそが生命活動の核心です。

 そして、取り入れた栄養が血となり肉となるために届けられる環境こそが毛細血管なのです。さらに、毛細血管は病原菌などの外敵から体を守ってくれる免疫の戦いの場でもあり、「病気になる・ならないの最前線」ともいえます。

血液循環の主役は毛細血管

 血管といえばまず思い浮かぶのは動脈で、毛細血管をイメージする人はいないでしょう。確かに動脈は血管の中でもっとも太く、詰まったり切れたりすると命にかかわります。一方、毛細血管は名の通り、直径約100分の1ミリの超極細血管で、赤血球が一列に並んでやっと通れる太さしかありません。

 肉眼では見えないほどのか細い血管ですが、前述のとおり、体中に張りめぐらされていて全身の血管の99%を占めています。つまり、毛細血管は人体の中でいちばん大きな臓器ともいえるのです。それだけ全身に広がっているということは、ただならぬミッションを請け負っているからにほかなりません。

 体を構成する60兆個を超える細胞には、血液に乗って必要な酸素や栄養素が届けられ、不要な二酸化炭素や老廃物が回収されています。その血液の通路と、やり取りの現場こそが毛細血管です。実際、全身のどの細胞も毛細血管から0.03ミリ以内に存在します。

 毛細血管は基本的には「内皮細胞」一層のみでできていて、三層構造の動脈や静脈と違い細くて頼りなげですが、この細さが抵抗となって血液の流れが減速し、一層の細胞を介して物々交換をしっかり行うことができ、酸素や栄養素が体の隅々に行き渡るわけです。

 動脈や静脈は血液を運ぶのがメインの役割ですが、毛細血管は動脈と静脈の間に存在して生命活動の根幹にかかわる働きを担っています。血液の主役は間違いなく毛細血管です。毛細血管が健康でなければ、いずれ動脈にも負担をかけることになるでしょう。

(「毛細血管は増やすが勝ち」根来 秀行 2016.12.10第1版 集英社より編集引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************