「細胞老化のメカニズム解明=がん治療にも期待」(記事) Topics

細胞老化の仕組み(2014.6.6読売新聞)

細胞老化の仕組み(2014.6.6読売新聞)

細胞老化のメカニズム解明=世界初、がん治療にも期待―名古屋市立大

ヒトの細胞が老化する基本的なメカニズムを名古屋市立大学の中西真教授らの研究グループが世界で初めて解明し、論文が5日、米科学誌モレキュラー・セル電子版に掲載された。細胞は急激に老化することで、がん化が防げることから、新たな治療法の開発が期待される。

研究グループは、ヒトの皮膚や網膜から採取した細胞に紫外線を当てるなどして老化を促進。細胞内でがんを抑制する働きをする二つのタンパク質が正常な細胞分裂を阻害し、老化細胞になったことを突き止めた。

これまでの研究では、細胞内のDNAやタンパク質に傷が付くことで細胞が老化し、その蓄積によって人体の老化が進行することまでは分かっていたが、細胞老化の仕組みは解明されていなかったという。

中西教授は「がんを抑制するタンパク質が体内にない場合でも、老化を誘導する操作をすることで、細胞を老化させ、がん化するのを防ぐことができる」と話している。 

(2014.6.6 時事通信)