骨粗鬆症ではない骨折の原因 Topics

骨折
 近年、骨粗鬆症ではないのに骨折しやすいケースがあるということが、整形外科医の間で注目されています。骨密度は正常なのに骨がもろい―その犯人こそ、「糖化」だと考えられています。

 なぜなら、骨に含まれるコラーゲンもタンパク質であり、しかも、非常に糖化を受けやすいグリシンというアミノ酸が、たくさん含まれているからです。

 よく知られているように、コラーゲンは弾力性やしなやかさを保つためのタンパク質です。

 そのコラーゲンが糖化を受けると、骨の弾力性やしなやかさが失われてしまう。だから、たとえ骨密度は十分でも、骨折しやすくなってしまうのです。

(「まず白米をやめなさい!」溝口徹 2015/3/25 あさ出版より一部引用)

******************
★近日の測定イベント(自律神経バランス&血管年齢)のお知らせ★

詳細はこちら↓
https://profile.ameba.jp/ameba/jiritsushinkei-koubou

主催:自律神経バランス工房@メディカルシフト
http://medicalsyft.com/seikatsu/station/
******************